サービスの充実

新居

生き残りのために変わる業界

人間が生活している以上、引越しというものは無くなりませんが、景気や年齢人口の変動によってその数は大きく変わってきます。日本でも高度成長期のときは、田舎から都会に出る人であふれ、それにともなう引越し数もうなぎ上りとなりましたが、ある程度経済も落ち着き、人口流動も固定化されたいまでは、引越し件数も減少傾向が続いています。 また業者間の競争も激化しており、どこも少ないパイを取ろうと躍起となっていますが、安易に価格を下げて採算を割る事態は避けており、むしろ受注単価は上昇を続けています。 先行きが不透明な業界ですが、顧客が望むものはやはりサービスの充実であり、物を運ぶという本来の形から脱却することも視野に入れる必要があるかもしれません。

比較するときに見るもの

引越し業者を選ぶにあたって、顧客はどういった点で比較しているのでしょうか。 最初の比較要因として引越し費用があげられます。景気も一巡して落ち着きを取り戻しつつある日本経済ですが、それでも節約志向は依然強いものがあり、引越しにおいても少しでも費用を減らそうと創意工夫をおこなっています。たとえば自らダンボールを用意して梱包をおこなったり、引越し前に無駄なものを処分したりなどです。 他の比較要因としては、スタッフなどの丁寧な対応があげられます。最近ではどこの業者でもスタッフに対する接客指導をおこなっており、それらが固定客獲得にもつながっています。 ウェブ上では引越し業者の比較サイトといったものもたくさんありますので、それらを参考にしつつ業者を選んでみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加